第196話「日はまた昇る」

著者
m.yoshida
2015/02/12
Facebook
Twitter
LINE

テレビでファミレス人気が復活しているというニュースを見た。特にファミレスの業態や名称に変化はないが、中身の部分(利用方法、利用者)でファミレス側もお客さん?も進化した様子(笑)だ。ボトルキープができ、そのお酒でドリンクバーを利用して自分で飲み物を作り、安くあげることができるらしい・・・

居酒屋の不満点「狭い」「うるさい」「分煙がされていない」顧客ニーズをうまく取り込むことができたようだ。また、昨今お酒を飲まない人が増え、(オッサンから言わせると人に合わせる人が減った? 笑)そのニーズも取り込んだということか・・・
実際、私が通っている新宿大ガード下のティップネスが入っているビルの(確か)3Fも某大手安価居酒屋が撤退して、ジョナサン、バーミヤンがOPENの予定だ。

ちょっと前まで、ファミレスというと、味、価格ともに中途半端という感じで衰退のイメージが世の中的にあった気がする。ところが、家族向けが顧客ターゲットだったのを、飲酒目的や懇親会などの利用方法(利用者)をターゲットにした。また、そのターゲット層を取り込むため、出店形態もパーキングがある郊外型から都心部の基準階に変化させている。

どの業界、どの企業も生き残るだけで大変だ、かと言って全く関連性のない異業種に参入して成功することはさらにハードルがあがる。今回のファミレスの件は、今まで培ったコンテンツを最大限に生かし、今の世の中に合わせることで日の目を見ることができた例だ。どうやって?どっちに少しズレれば?日の目をみることができるのか?無い知恵絞っていろいろ試してみましょう。

最近の記事

代々木不動産研究所は、渋谷区をメインに不動産の仲介、コンサルティング、シェアオフィス・コワーキングスペースの企画・運営を行なっております。

店舗開発のアウトソーシング、個人のコンサルティング、不動産のシェアリングエコノミー化のご相談をいただければ幸いです。

お問い合わせ »

  • 株式会社セリオ
  • 東京都知事(6)第72260号
  • 〒151-0053
  • 東京都渋谷区代々木2-30-4
  • TEL: 03-3379-9801
  • FAX: 03-3379-9802
  • YCS - 南新宿徒歩1分のコワーキングスペース(シェアオフィス)
    OFFICE COURT - 代々木駅徒歩4分のスモールオフィス