第208話「リース契約」

著者
m.yoshida
2016/03/15
Facebook
Twitter
LINE

事務機器(複合機・電話等)のリース契約というのは、以前に比べ減少しているのだろうか・・・? 噂には(笑)聞いていたが、いざ自分がリース契約を解約する立場になるとその恐ろしさ、エグさにかなりの驚きと怒りを感じた。

弊社にかかわらず、10年以上前、少なくとも複合機に関しては、リース以外の選択(購入)をした会社はかなり少数ではなかっただろうか・・・ 逆に弊社は開業時、中古事務用品販売から購入するという健全な形?をとっていたが、いつのまにか流され(金銭感覚が甘くなったのか 笑)複合機と電話機をリースにしてしまった。

すでに弊社の電話機はリース契約が終了し、再リース契約を何回かしている形になっていた。(本体価格を軽く超える金額を支払っていると思われる)この度、その電話機が不要になり、解約を申し出たところ、5千円程度支払えば、解約できると電話で回答があったので、数日後その旨を告げたところ、(若干、機器を紛失してもいたので)「違約金扱いで6万◯千円支払ってください」との返答が・・・ 怒りをこらえて「金額が大幅に上がった根拠を提示してほしい」と伝えたこところ、そのような提示はできないという始末。「あなたは一度金額の提示を受けたものが、10倍になって、その根拠を示してもらえない状態で、お金を払うことができますか? 貴方もそんなヤ◯◯な会社の片棒をかついでいるんですよ・・・」と電話取次のおばちゃんに怒りをぶちまけてしまった。

その後、そのおばちゃんから、「2万◯千円でお願いしたく・・・」と電話があり、これ以上揉めるのも良くないと思い渋々承諾した。彼ら(リース会社)も既存のサ-ビスを守る(自分たちを守る)ことで必死なのだろうが、どう考えても時代錯誤な契約だと思う。不動産業界もこのように思われている部分が多々あるんだろうな・・・? と自戒することで怒りを収めることができた。

最近の記事

代々木不動産研究所は、渋谷区をメインに不動産の仲介、コンサルティング、シェアオフィス・コワーキングスペースの企画・運営を行なっております。

店舗開発のアウトソーシング、個人のコンサルティング、不動産のシェアリングエコノミー化のご相談をいただければ幸いです。

お問い合わせ »

  • 株式会社セリオ
  • 東京都知事(6)第72260号
  • 〒151-0053
  • 東京都渋谷区代々木2-30-4
  • TEL: 03-3379-9801
  • FAX: 03-3379-9802
  • YCS - 南新宿徒歩1分のコワーキングスペース(シェアオフィス)
    OFFICE COURT - 代々木駅徒歩4分のスモールオフィス