第171話「更新」

著者
m.yoshida
2013/01/10
Facebook
Twitter
LINE

不動産の賃貸借契約には基本的には更新というものがある。2、3年経過すると情勢はかなり変化している。あらためて賃貸条件を見直したり、契約書に書いてあること以外の2、3年分のお互いの考え方(言いたいこと)を確認しておく必要があるので、更新という行為は健全なことだと思う。更新料の有無、その金額という問題を除いては・・・(笑)

結構マメに通っているジムのプログラムにも更新がある。飽きっぽい顧客をキープする目的もあるのだろうし、プログラム自体のアップグレードという目的も当然あるのだろう、中には半年に1回大幅に内容を変更してしまうプログラムもあるくらいだ。

今日の日経新聞のにもこんなことが書いてあった。ユニクロ柳井社長のコラムで日本の大学教授は一度なってしまえば安泰というのが決まり事で、その形骸化による悪影響を変えなければ「日本が沈んでしまう」とまで書いてあった。
大学1年での内々定が良いことかどうかは分からないが、上記の事は確かにそう思う。

そうすると、大学教授だけじゃなく、官僚様にも更新が必要なような気がするのは私だけでしょうか?(笑) 日本もアメリカのように政権が代われば官僚も代わるシステムに変えたほうがいいような気がしますが・・・ 同じ場所に長く従事している方々のすべてが腐敗しているとは言わないが、自分も含め、人間だれしもそのような性癖を持ち合わせているのではないかと思う。何とかならないものですかね・・・

偉そうなことを書いた後で恐縮ですが・・・

本年もご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

最近の記事

代々木不動産研究所は、渋谷区をメインに不動産の仲介、コンサルティング、シェアオフィス・コワーキングスペースの企画・運営を行なっております。

店舗開発のアウトソーシング、個人のコンサルティング、不動産のシェアリングエコノミー化のご相談をいただければ幸いです。

お問い合わせ »

  • 株式会社セリオ
  • 東京都知事(6)第72260号
  • 〒151-0053
  • 東京都渋谷区代々木2-30-4
  • TEL: 03-3379-9801
  • FAX: 03-3379-9802
  • YCS - 南新宿徒歩1分のコワーキングスペース(シェアオフィス)
    OFFICE COURT - 代々木駅徒歩4分のスモールオフィス